piroshki's kitchen

来週もまた来てくださいね〜、ウフフフフフ

日々のこと 仕事のこと 趣味や資格勉強について。。。 ぽつぽつと発信するだけのブログ。 需要は一切ございません。

ただいま日本

■帰国しました。

長期の出張が終わり、本日、日本に帰国いたしました。

長かった、、、ほんとに長かった。

 

2016年は、韓国でそのまま年越し。

それから1ヶ月は仕事づくしで心も体も休まる暇はありませんでした。

ふとした時に「帰りたい」と思っては、涙を拭い、自分を励まして仕事に向き合い、またふとした時にホームシックになって嗚咽を漏らす、、そんな繰り返しの日々でした。いや、まじで。

 

日本の空港に降り立って、最初の一呼吸。

明らかに空気の味が違いました。

「空気がキムチ臭くないぞ…!」

そんなことにも感動を覚えたりしました。

 

たこやき…日本で最初に口にした食事。

f:id:piroshi15:20170203191526j:image

人生の中で最も美味しいたこやきだったと思います。(感動のあまり記憶が曖昧になっとる)

 

■一ヶ月遅れの冬休み

しばらくは休暇をいただきました。

といっても1週間ほど。。。

 

リフレッシュして、体力回復に努めようと思います。

また再び、社会の歯車として、社会に消費されるために、、、

 

ではまた。
f:id:piroshi15:20170203192448j:image

 

強いひとより優しい人に

■なれるように、なれますように。

ふと、仕事中に頭の中で聞こえてきたワードでした。

なんか聞き覚えがある言葉だな、、、ハッ!と思い出しました。

中学・高校時代によく聞いていた曲の歌詞です。

 

■曲紹介

RADWIMPS/オーダーメイド 

YouTube

発売されたのが2009年か08年で、僕がまだ中学生だったのを覚えてます。(高校だったかな、、、)

 

今でこそ、"君の名は"で国民的バンドとして有名になりましたけど、

デビューして10年間、コンスタントに売れ続けてるバンドです。

 

RADWIMPSの音楽は、青春の教科書みたいなものでした。

僕の死生観、恋愛観、音楽・ファッション感覚のほとんどが影響されてます。

 

一時期、少し離れたけど、結局また最新アルバム買っちゃいました。てへぺろりろりん。

 

RADWIMPSについての感想的記事は、他の多くのブロガーさんが、素晴らしい文章をたくさん遺していると思うので、わざわざ詳しくは書きません。

こんなちっぽけな汚いしょーもないサラリーマンの批評文を、公共に晒す勇気はござぁせんので。

 

 

■強くなくていい

優しい人でありたい。

弱肉強食のストレス社会で、本当に優しい人っているのかな。。。

見かけだけ優しい人はいるけど、そういう人でもきっと、切羽詰まった状況に陥った時に人に優しくする余裕なんてなくなるんじゃないかな。

 

自分が辛い時でこそ、人に対して優しくできる人間であること。

いつも威張り散らして、強がってる人にはなりたくないな。

 

普段は、口も性格も悪いし、怠け者な僕です。神様にはなれないです。

 

 

でも、人間なんです。

僕は人間なんです。

 

どうやら社会は厳しいらしいですが

■大人「社会は厳しいよ」

「甘すぎる」

「社会をなめてる」

「そんなんじゃ社会じゃやっていけないよ?」

 

これまでいろんな大人から、さんざん脅されてきました。

ちょっと前まで、僕は学生だったので、学生的価値観が色濃く残っています。 そこを論って、とやかく言われることがしばしば。。

 

確かに実際、社会人と学生って、ぜんぜん違う価値観で生きてると思う。

行動原理やモチベーションがまったく違うよね。違う生き物なんじゃないの

 

■個人的な価値観の変遷

学生の頃に大事にしていたもの

・いっしょに過ごす仲間

・自分の趣味の時間

・試験で赤点を取らないこと

・無駄なことやって楽しむこと

 

大人になって大事にしているもの

・お金

・自由に使える時間

・人からの信頼を損なわないための言動

・毎日コツコツ自己投資すること

 

と言った感じです。

どっちが正しいんでしょうね。

学生の頃はそれが一番正しいと思ってたし、

大人になった今では、まだ何が一番正しいかわからないけど、常に正しさを求めているような気ガスル。

 

でもやっぱり、一番の違いは「お金」に対する価値観だと思います。学生の時は、とりあえずバイトして、自分の遊ぶためのお小遣いさえあればよかったな。大人にとっては、自分が食って生活していくために必要不可欠なものだから、何にも代えられないもので人生の最優先だと思う。

今、手取り10万前後だったら相当切り詰めないとやってけねえよな。。って現実的な考えに陥る笑

 

■価値観は人それぞれ

結局は人によるんです

 

お金が大事な人もいれば 、自分の趣味が一番って人もいる。逆に仕事が生きがいの人だったり、車や時計とかの高額ブランドが大好きな人。あるいは一つの分野を研究して世界で誰も知らない発見をしたいって思う人や、なんの欲望もなく、ただ生きてるだけの人もいる。

 

社会っていうのは、そういういろんな価値観を持った人たちの集合体。

市場原理に、欲望や嫉妬心や達成感とか、いろんな人間的感情も絡んで、超複雑な体系の中で生きてるんだと思います。

 

■まとめ

何が言いたいかと言うと、

周りの人間が言ってることに惑わされんなってことです。

人は人。自分は自分。

 

他人の生き方にチャチャを入れてくるような人間は、それこそしょーもないちっぽけな人間だと思う。

もし、しょーもない大人に、「そんなんじゃダメだよ」とかなんとか言われたら、

「はい、そうですか」と一言だけ返して、あとは心の中から見下してやればイイんです。

 

きっと誰も、そんな事言う権利はない。

誰も、そんなこと言われる必要なんてない。

んだと僕は思います。